家づくりの流れ

STEP1 プレゼンテーション(無料)

お客様のご要望を元にプランを作成します。

プランA・B・C・・・と何回も納得ゆくまで詰めていきます。

風向きや日当たり、雪の状態等、計画に必要な条件の考慮、住まい方の個性の追求など、お客様のご要望に添うプランを考え出します。

思いつくことを何でもお聞かせください。どんな事でも参考になります。

プレゼンテーション

 

STEP2 お客様オリジナルのパンフレット作成(無料)

風のシュミレーション打ち合わせを重ねると、何が最終決定なのか分かりにくくなりがちです。

設計がまとまった段階で、お客様オリジナルのパンフレットを作成することで、どんな家が建てられるのか再確認して頂けると共に、ご家族やお友達にも「こんな家だよ!!」と観ていただけます。

新築モデルプランパンフレット


 

STEP3 概算見積の提出(無料)

カタログの切り貼り提出による設備提案を概算見積と一緒にご提出致します。

ハウスメーカーと違い、タイプ別に御予算が決められているわけではなく、お客様毎に考え抜いて作成します。

このタイプはいくら、このオプションはいくらではないので、少々お時間をいただきます。

※御予算に合うまで繰り返します※

 

STEP4 模型製作(無料)・本見積の提出・ご契約および確認申請

仮決定したプランを基に模型の製作に入ります。間取りや外観も立体的に表現できるので、良いところも悪いところもよく見えます。

カネマタの模型は事務所スタッフの手作りです。出来は美しく無いですが、納得いくまで立体的な検討をしていただくのが目的ですので料金は頂きません(工事完了後に模型はカネマタが引き取ります)。

お客様から納得のお返事を頂いてからご契約。確認申請を行います。

最近は構造計算、法規のチェック、省エネルギー計算を別の業者さんが行うケースがほとんどです。住宅は細かな変更でも構造に影響する場合があり、自分で構造計算をしても最終決定に至るまでは何度も何度も計算し直すことが普通です。外注業者に依頼する場合は何度もやり直しが効かないので、結局変更できずに涙をのむことも・・・

私達は併設する設計事務所で構造計算、法規チェック、省エネ計算を行うことで細かい変更でも対処することができ、お客様のご希望を叶えます。

※模型と確認申請・ご契約が前後する場合もあります。

  • 外観を立体的に表現
    模型製作(外観)
    デザイン、日当たり、落雪方向などを確認できます。
  • 間取りを立体的に表現
    模型製作(間取り)
    立体模型を分解すると部屋の間取りや日常生活の動線などを確認できます。

 

STEP5 施工 (他の工務店さんとの違いをご覧ください。)

設計図面をまとめた本

まず、設計内容をまとめた「」をお渡し致します。
個人住宅でA4サイズ、厚みは1.5cm~3cmくらいの大きさです。

内容は施工図が中心となり、他の図面も合わせて製本されています。
このステップが、他の工務店と私共の違いです。

お客様と打ち合わせしながら、詳細な部分を詰めていけるので、お客様・設計者の意図が施工者に充分に伝わり、細部まで納得の家造りが実現可能になります。

トラブルを防止し、スムーズに仕事を進めるためのものですので、「」に関する費用は、一切頂いておりません。

『お客様』『現場の代表』『設計者』が1冊づつ同じ本を持つことにより、資材の手配や変更打ち合わせなどがスムーズに行えます。

工事中の打ち合わせは、専用の打ち合わせ用紙で行い、その都度記録しています。

細かく決めて行くので、私共の仕事はお客様の予想していなかった増工事はあまりありません。「」があることで、現場の作業はスムーズに進行します。
今では希少になりましたが、大工はウチの社員です。外注ではありません

完成後は、お渡しした「」を工事記録や記念として保管していただければ幸いです。

リンク 住まいの設計「設計へのこだわり」

 

STEP6 完成・お引渡し

完成した住宅は、ハウスクリーニングと社内検査を行います。

検査に合格したら、お客様に出席していただき、設備の取り扱い説明会を行います。

お引き渡しの際には、お預かりしていた書類(確認通知書など)の返還、新居の鍵や迷子になりがちな設備品の取り扱い説明書・保証書を1冊にファイリングしたものをお渡しします。

 

STEP7 住まいのメンテナンス

住まいのメンテナンスマイホームをいつまでも綺麗に維持できるよう、住まいのメンテナンス時期やメンテナンス方法をまとめた冊子をお渡しします。

日頃のお手入れ方法も記載していますので、是非ご活用下さい。

住まいのメンテナンス